声楽家三銃士〜中部公演

2018年10月29日(月)ウィルあいち(愛知県女性総合センター)において、“声楽家三銃士”中部公演が行われました。
アントニーノ・シラグーザさん、笹原一・海道弘昭演奏研究員からなる声楽家三銃士が登場すると、会場客席から期待を込めた拍手が贈られました。
それぞれが、イタリア歌曲とカンツォーネでのソロプログラムを披露し、
ザ♂ベルカントシンガーズとの共演ではオペラ「カルメン」の名場面、さらには「千の風になって」をバリトンボイスに乗せて笹原一指導員が優しく、力強く歌い上げました。
後半のオペラアリアは、「トゥーランドット」「ファルスタッフ」「チェネレントラ」の有名アリアで構成され、それぞれが情緒豊かに登場人物が乗り移ったかのような歌唱を披露しました。
フィナーレでの三銃士共演で魅せた三位一体の歌声が響き渡った瞬間、
珠玉の時間への感動が込められた拍手喝采がステージへと注がれ、その感動の伝播が会場全体に伝わり、やがてスタンディングオベ−ションを伴った賞賛の嵐へと変わっていきました。

関西、関東、中部へと繋がった三銃士公演にご参加いただき、誠に有難うございました。
この場をお借りし御礼申し上げます。

公演情報一覧

歌と光のベルカントステージ2018

2018年10月28日(日)神戸みんなのホールがライブ会場へと変貌!
歌と光のベルカントステージ2018午後公演が行われました。
色鮮やかなライトアップとペンライトの光が幻想世界を創造し、
昭和歌謡の名曲に乗って、一同青春時代へタイムスリップ!
全10回に及ぶベルカントステージも、本公演を持って大千秋楽となりました!

延べ1ヶ月の間沢山のご声援を頂き、その後押しのお陰でライブが行われて参りました。
やはり、ライブはご来場頂く皆様の応援、掛け声がないと成立しません。
ライブにお越し頂いた皆様、携わった方全員が元気に、明るく、そして若くいられる事を願うと共に、深く感謝申し上げます!本当にありがとうございました!!

公演情報一覧

テノール三銃士〜関東公演

2018年10月26日(金)大田区民ホール・アプリコ大ホールにおいて、“テノール三銃士”関東公演が行われました。
アントニーノ・シラグーザさん、小笠原一規・海道弘昭演奏研究員によるテノール三銃士が満員御礼の中登場し、挨拶がわりのイタリア歌曲、カンツォーネを繊細かつ大胆に歌い上げました。
ザ♂ベルカントシンガーズの共演ではオペラ「カルメン」の名シーンを見事に再現。
オペラアリアでは、三銃士それぞれが「トゥーランドット」「真珠採り」「チェネレントラ」の有名アリアを感情豊かな歌唱で披露し、会場客席をオペラの世界へ引き込んでいきました。
クライマックスでは、三銃士の歌声が一つとなって大型ホールに響き渡り、その歌声に呼応するかのようにスタンディングオベーションの拍手喝采が沸き起こりました!
鳴り止まぬ拍手に包まれる中、三銃士公演は大成功と相成りました!

 

公演情報一覧

声楽家三銃士〜関西公演

2018年10月24日(水)神戸国際会館こくさいホールにおいて、“声楽家三銃士”関西公演が行われました。
世界の名だたる歌劇場で活躍するテノール歌手アントニーニーノ・シラグーザさんに、
海道弘昭、笹原一指導員が持てる力を結集して挑むリサイタルです。
冒頭のソロプログラムは、イタリア歌曲・カンツォーネで構成され、
三銃士それぞれの声色が創り出す空気に会場客席も包まれていきます。
特別出演でザ♂ベルカントシンガーズが登場し、斉唱による声色を加えると、
満員のこくさいホールは虹色の歌声の宝石箱と化していきました。
後半のオペラアリアプログラムではオペラの世界観を表現。
クライマックスで三銃士の声が一つになり美しいハーモニーが会場に響き渡ると、
鳴り止むことのない拍手喝采の称賛がステージへと贈られました。
26日は関東、29日は名古屋公演と繋がっていきます!
三銃士&ベルカントシンガーズが奏でる魅惑の歌声にご期待下さい!

公演情報一覧

童謡コーラスVS金管五重奏 名曲合唱会

2018年10月2日(火)、日暮里サニーホールにて童謡コーラスVS金管五重奏 名曲合唱会が行われました。
金管五重奏のメンバーは、トランペット:関根志郎、木下淳平、ホルン:阿久津裕矢、チューバ:和久井瞬、トロンボーン:鈴谷大輔指導員で構成されました。
♪エンターティナーや序曲「ルスランとリュドミラ」、序曲「ウィリアムテル」などの名曲が軽快なリズムに乗って会場に響き渡ります。
金管の迫力に負けない歌声で!童謡名曲歌合戦とばかりに、伴奏に負けないド迫力な歌声で参加者の皆様が呼応します♪
金管と一緒に歌う機会は中々ないので、参加者の皆様から「楽しかった!」「もっと金管で歌ってみたい!」などなど大好評の声が上がる公演となりました。

公演情報一覧

ゲリラリサイタル〜笹原一&住吉恵理子ジョイントリサイタル

2018年9月14日(金)関西/ピフレホール(新長田勤労市民センター別館)にて、
笹原一&住吉恵理子ジョイントリサイタルが行われました。
「第2回DOMISO国際声楽コンクール2018」で、3位&聴衆大賞受賞の速報会として、
バリトン笹原一指導員、ソプラノ住吉恵理子先生のイタリア帰国直前の緊急出演!
日本歌曲、カンツォーネ、オペラアリア&二重唱など多彩なプログラムが用意され、
なんと、タイトルが「ゲリラリサイタル」というからオモシロイ!
開催決定の案内発表からわずか5日間で超スピード上演!
ゲリラ豪雨のような突然の嵐のごとく湧き起るリサイタル!
ホール客席は拍手喝采、感動の嵐、歓声の渦が巻き起る!
熱演のステージ、2人の声楽家の洋々たる未来に、
多くの支持者の笑顔が咲き誇る!
アンコール後には、スタンディングオベーションの拍手喝采と歓声が贈られました。

 

公演情報一覧

コレペティトールの公開稽古〜海道弘昭テノールリサイタルの場合

2018年9月1日(土)神戸みんなのホールにて、コレペティトールの公開稽古が行われました。
特別講師に、オペラ芸術監督でありコレペティトールとしても活躍される「ダヴィデ・デッリサンティ先生」を迎え、海道弘昭テノールリサイタルを通して音楽稽古をつけて頂く公演です。
ちなみに、、コレペティトールとは、歌劇場などでオペラ歌手や演奏家へ音楽稽古を担当し、コーチとして務めるピアニストの事です。
ダヴィデ先生は、第2回DOMISO国際声楽コンクールの審査委員としてもご協力頂いております。

上手く歌えたかな?と思ったのもつかの間、先生より指摘が入り、実際にそれを実演する、、を繰り返すうちに、ついさっき聞いた歌がまるで別の歌かのように生まれ変わる模様に、会場からは驚きと感嘆の声が上がりました。音楽の奥深さとそれを解読していく工程に、聴衆も引き込まれていき、いつの間にか共に稽古を受けている感覚に!
海道演奏研究員自身も、この機会を忘れないように!そして今後の歌唱に生かして行こう!との決意にも似た表情で稽古に励み、アンコールでおさらいを兼ねた独唱を披露し、スタンディングオベーションの拍手喝采を受ける中、大盛況の公演は幕と相成りました。

公演情報一覧

3人のピアニストへの特別公開レッスン

2018年9月1日(土)神戸みんなのホールにて、3人のピアニストへの特別公開レッスンが行われました。受講指導員は、内田清孝、宇野旭、山口智指導員です。
特別講師は、イタリア国立ミラノG.ヴェルディ音楽院 副学長を務められ、ピアニストとして数々の舞台で活躍される「マッシミリアーノ・バッジョ先生」です!
第2回DOMISO国際声楽コンクールの審査委員としてもご協力頂いております。

ピアニストとして夢のような時間に、3人の若きピアニストも最初は緊張した面持ちが見られましたが、徐々に打ち解けていき、バッジョ先生の一言一言を心に刻み込むかのように真剣な眼差しで公開稽古に挑む姿に、会場客席からは暖かな拍手と声援が送られました。

公開稽古終了後には、それぞれに個人レッスンを行って頂き、
どのような想いで?どんなことを伝えたいのか?その気持ちを指先に乗せてどう届けるのか?
など、優しく丁寧に稽古をつけて下さる姿が印象的で、3人にとって財産となる貴重な時間となった事は言うまでもありません。
この稽古を通してパワーアップした彼らの演奏にご期待下さい!

  

公演情報一覧