月別アーカイブ: 2018年6月

住吉恵理子ソプラノリサイタル〜友情出演:フランチェスコ・メーリ

2018年6月28日(木)、神戸国際会館こくさいホールにおいて、住吉恵理子ソプラノリサイタルが行われました。ピアニストは、内田清孝指導員です。
友情出演として、バーリ歌劇場オペラ「イル・トロバトーレ」日本公演で来日中で、世界の名だたる歌劇場で活躍する、フランチェスコ・メーリさんが出演。
共に、M°ヴィットーリオ・テッラノーヴァに師事する、同門の共演に注目が集まる公演となりました。
オープニングのオペラアリアから始まり、世界各国の歌曲へとプログラムが進行すると、
会場客席が住吉恵理子さんの作り出す空気に包まれていきます。
続いて登場したザ♂ベルカントシンガーズが、オペラ「カルメン」「エルナーニ」の合唱曲を披露し、海道弘昭演奏研究員が住吉恵理子さんとの二重唱に挑戦。
多彩な演目に会場のボルテージも最高潮に達し、いよいよフランチェスコ・メーリさんが登場!
オペラ「椿姫」プログラムの、住吉恵理子さんとフランチェスコ・メーリさんの二重唱では、会場から割れんばかりの大歓声が沸き起こりました。
アンコールでは、ベルカントシンガーズも加わり出演者全員での合唱が終わると、超満員2,000名の客席からスタンディングオベーションの賛辞が贈られ、鳴り止まぬ拍手に包まれる中、堂々のフィナーレとなりました。




公演情報一覧

【中部公演】笹原一 バリトンリサイタル

2018年6月13日(水)、名古屋/三井住友海上しらかわホールにおいて、ソプラノ歌手デジレ・ランカトーレさんをスペシャルゲストにお迎えしての、笹原一バリトンリサイタルが行われました。
友情出演にザ♂ベルカントシンガーズ、ピアニストは内田清孝指導員です。
ソロプログラム、ザ♂ベルカントシンガーズとの共演、さらには友情出演の海道弘昭演奏研究員による独唱など、前半は日本歌曲・イタリアカンツォーネを中心としたプログラムで進行しました。
後半のオペラプログラムでは、スペシャルゲストのランカトーレさんが登場し「ジャンニスキッキ」「椿姫」の有名アリアを情感豊かに歌い上げ、笹原一指導員が迫力ある低音ボイスでオペラの世界観を見事に表現。
二重唱で魅せた圧巻の歌唱が終わると、会場客席から割れんばかりの大歓声が沸き起こり、それがスタンディングオベーションの拍手喝采へと変わり、鳴り止むことのない賛辞がステージへ贈られる中、バリトンリサイタルは大成功のフィナーレを迎えました。



公演情報一覧

【関西公演】海道弘昭テノールリサイタル

2018年6月11日(月)、大阪/ザ・シンフォニーホールにおいて、ソプラノ歌手デジレ・ランカトーレさんをスペシャルゲストにお迎えしての、海道弘昭テノールリサイタルが行われました。
友情出演にザ♂ベルカントシンガーズ、ピアニストは内田清孝指導員です。
2017年に開催された第1回DOMISO国際声楽コンクールの優勝記念でもある当公演の注目度は高く、多くの参加者が見守る中、オープニング曲「朝の歌」(レオンカバッロ)からスタートしました。
オペラ「カルメン」プログラムでのアリアやザ♂ベルカントシンガーズとの共演、さらにオペラ「ジャンニ・スキッキ」では、笹原一指導員によるアリア、、などなど前半から聴き応えのある演目が並ぶ中、スペシャルゲストのランカトーレさんが名曲「私のお父さん/オーミオバッビーノ」を高らかに歌い上げると、会場客席から大きな歓声と拍手がステージへと注がれました。
後半のオペラ「椿姫」では、岡田史哉指導員の独唱、さらには海道弘昭演奏研究員とランカトーレさんの二重唱が披露され、オペラ名曲で構成されたプログラムのフィナーレを飾りました。




公演情報一覧

【関東公演】海道弘昭テノールリサイタル

2018年6月9日(土)、東京オペラシティにおいて、ソプラノ歌手デジレ・ランカトーレさんをスペシャルゲストにお迎えしての、海道弘昭テノールリサイタルが行われました。
友情出演にザ♂ベルカントシンガーズ、ピアニストは内田清孝指導員です。
2017年に開催された第1回DOMISO国際声楽コンクール優勝記念の関東公演です。
会場内に響き渡るオペラ名曲に聴衆が酔いしれ、ザ♂ベルカントシンガーズが仲間の挑戦を後方支援で登場。
スペシャルゲストのランカトーレさんとの二重唱では、オペラ「椿姫」の名場面の世界を連想させるかのような表現と歌唱を披露すると、
一瞬の静寂の後、満員の会場客席から一人、また一人と立ち上がり、その畝りが連なり会場中からスタンディングオベーションが湧き起こる感動のフィナーレとなりました。

公演情報一覧