7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”(メノッティ)

7月30日(火)関東/みんなの研修室にて、オペラ研究部(オペケン座)~オペラを共に学びませんか?~ 月例発表会“電話”(メノッティ)公演が行われました。
9月29日(日)が本番となるので、今回は星出豊先生をお招きしての公開立ち稽古です。

7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”
まずは9月29日の本番に出演する、野村先生と萩森さんが登場し会場を盛り上げます!

7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”

続いて、本日出演される平野雅世さんを交えて椿姫の一幕を上演しました。
途中、星出先生から貴重なアドバイスを頂き、まさに公開稽古というシーンも見られました。

そして今回のタイトルにもなっている、「電話」公演がスタートしました!

7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”
関西指導員の、笹原一先生と平野雅世さんのダブル主演です。

お二人は以前にも本公演を上演された事があり、息のあった 掛け合いで公演はテンポ良く進んで行きました。

7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”
ルーシー(平野雅世)に何かを伝えたいベン(笹原一)、しかし良い所で鳴り響く電話。

果たして何を伝えようとしているのか?

そしてそれは伝わるのか…?

どんな結末が待っているかは、是非9月29日の公演で確かめて下さい!
7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”
上演後メノッティとも親交のある星出先生から、メノッティ自身がどのような思いでこの作品を創ったのか、

それを踏まえ、どのような演技を行えば良いのか?など解りやすく丁寧な指導を頂きました。

指導後実際に演じてみると、違いがはっきりと解る程でした!
7月30日オペラ研究部(オペケン座)月例発表会“電話”
夜には、若き音楽家達に特別レッスンを行ってくださいました。

若き音楽家達のレッスンの成果を会場にて応援よろしくお願い致します。

室内オペラ「電話」本番は9月29日(日)です。

公演情報一覧を見る

7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル

7月29日(月)関東/みんなの研修室にて、 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタルが行われました。
賛助出演には、明日7月30日(火)のオペラ研究部公開立ち稽古「電話」公演で主演を務める、笹原 一先生です。

7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル

まずは笹原先生がソロで会場を盛り上げます。

そしていよいよ、

7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル

家田紀子さん上本訓久さんの登場です。

お二人から放たれる美しい歌声に会場中が魅了されます。。

7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル
会場内全体を使った演出は流石の一言。

7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル

終盤では笹原先生も加わり、オペラ「椿姫」乾杯の歌を3人で歌いました。

その中で、

7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル

会場も参加しての演出もあり、会場内からはブラボー!の声が自然と上がります!

7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル

最後はみんなで、「ふるさと」を歌い公演は終了しました。

会場全体の雰囲気を作り上げて行くお二人の公演は素晴らしく、最後まで拍手の音は鳴り止みませんでした。

7月29日 家田紀子・上本訓久ジョイントリサイタル

公演情報一覧を見る

7月18日 ベルカント5 in兵庫県立芸術文化センター 午後の部

7月18日(木)兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール「2013年度上半期おさらい夏の大合唱会」内で 、ベルカント5のコンサートが行われました。

今回は午後の部です。

7月18日 ベルカント5 in兵庫県立芸術文化センター 午後の部7月18日 ベルカント5 in兵庫県立芸術文化センター 午後の部
写真でも解る通り、途中で学生服に着替ての一幕もあります。

ライトアップだけではなく、早着替えなど様々な工夫を凝らしたベルカント5のステージは必見です!

7月18日 ベルカント5 in兵庫県立芸術文化センター 午後の部7月18日 ベルカント5 in兵庫県立芸術文化センター 午後の部

会場も盛り上がり、ベルカント5と一緒に拳を突き上げるシーンも!!

会場客席が一体となり、18日の公演は終了しました。